ith
Noise
about us
スミサリアの原風景
Primitive landscape of smitharia.

スミサリアとは
about smitharia

メンバーを固定せず、その時必要な人が集まりモノを作るプラットフォームです。
映像・音楽などのメディアを中心に様々なモノを作りだします。

It is a platform where people who need something at that time gather and create it, without fixing the members.
We create a variety of products centered on media such as video and music.

member
宇佐 飛紀
3DCG

宇佐 飛紀
Usa Takanori

3DCGデザイナー
3DCG Designer
1998年札幌生まれ。2021年に札幌大谷大学メディア表現領域を卒業。 大学在学中、SIAF LAB.で制作補助として様々なプロジェクトに参加し、そこで培った経験を活かし東京の映像制作会社に入社。 現在は仕事の傍らライブの映像演出やMV等の3DCGデザイナーとしても活動している。
Born in Sapporo in 1998, graduated from Sapporo Otani University in 2021 with a degree in Media Expression.While a university student, he participated in various projects as a production assistant at SIAF LAB. and joined a video production company in Tokyo, utilizing the experience he gained there. Currently, in addition to his work, he is also active as a 3DCG designer for live video productions and music videos.
RJII
SOUND

RJII
RJII

アーティスト / アートエンジニア
artist / art engineer
村川龍司。1998年、札幌生まれ。札幌市立大学デザイン研究科博士前期課程を修了。札幌のアートセンターSCARTSでのテクニカルスタッフを経験したのち、2024年arsaffix Inc.にてアートエンジニアとして参加。自身の表現幅を広げようと、さまざまな領域の表現について触れ、表現領域には、グラフィック/音楽/映像/立体作品がある。個人的な楽曲制作を主としつつ、音にまつわる表現においてコラボレートを行なっている。 smithariaではビジュアルやディレクションを担当している。
I use various areas of expression to broaden his own range of expression. My areas of expression include graphic/music/video/three-dimensional works. I collaborate in sound-related expression while mainly creating my own music. In smitharia, I'm in charge of visuals and direction.
西内 寛大
GRAPHIC

西内 寛大
kanta nishiuchi

グラフィックデザイナー / モーションデザイナー
graphic designer / motion designer
 1998年生まれ。札幌出身。2021年に札幌市立大学デザイン学部卒業。株式会社スタジオワンダー所属。グラフィックデザインはもちろん、モーショングラフィックスや3DCGの制作している。モーショングラフィックスと3DCGに関しては、それ単体で製作するのではなく、平面グラフィックを主体として、グラフィックがより良く、面白く見えるための表現ツールの一つとして使用している。
 Born in 1998. Graduated from Sapporo City University, Faculty of Design in 2021. Belongs to Studio Wonder Inc. In addition to graphic design, he also creates motion graphics and 3DCG. Motion graphics and 3DCG are not produced by themselves, but are used as one of the tools of expression to make graphics look better and more interesting, mainly using flat graphics.
清水 康志
ENGINEER

清水 康志
YasushiShimizu

アーティスト / エンジニア
artist / engineer
1998年、札幌生まれ。2023年、札幌市立大学デザイン研究科博士前期課程を修了、研究テーマはプログラムのソースコードを用いた作曲アルゴリズムの開発。大学在学中よりライブ等のインタラクティブな映像演出や技術サポート、Web開発等の活動とともに、「display[rag]」や「SoundScapeEmulator」等の作品制作を行う。2017年より「ツララボ」に参加し、「環境氷柱光壁」の制作に携わる。その後も、作品制作のサポートやプロジェクトへの参加を行っている。
Born in Sapporo in 1998, he completed his Master's degree in Design Studies at Sapporo City University in 2023, where his research theme was the development of composition algorithms using program source code. While an engineer, he has been involved in interactive video production, technical support, and web development for live performances, etc., as well as creating works such as "display[rag]" and "SoundScapeEmulator", etc. In 2017, he joined "Tsura Labo" and was involved in the production of "Spectral Icicle of Milieu". Since then, he continues to support the production of artworks and participate in projects.